web面接の背景はカーテンでOK?カーテンを背景にする注意点を解説

web面接が社会に定着したことから、応募者は効率良く複数の企業にアプローチでき、遠方の企業の面接も受けやすくなりました。

ほとんどの応募者はweb面接を自宅で受けていますが、画面に映り込む背景に頭を悩ます方がいるようです。

今回の記事では、web面接の背景はカーテンで良いのか?カーテンを背景にする時の注意点について説明しましょう。web面接の背景に困っているのなら、ぜひ参考にしてください。

web面接の背景は白い壁がベストだが、カーテンでもOK

web面接の背景の最も適しているのは白い壁です。白い壁には余計な情報がなく自宅ならではの生活感も隠せます。

もちろん、背景になる壁が選考を左右するとは言い切れませんが、面接官はカメラに映る画面上の限られた情報から応募者の人間性や適性を見極めるため、壁が与える影響は大きいと考えるべきでしょう。

しかし、住まいの壁が白でない場合や、パソコンを設置するのにちょうど良い位置に白い壁がないこともあり得ます。

そのような時に活用しやすいのが、カーテンです。カーテンを正しい方法で活用すれば、web面接に適した背景が用意出来ます。

web面接の背景をカーテンにする時の注意点

web面接の背景をカーテンにする時には、知っておくべき注意点があります。これらの注意点を知らないままでは、面接官に悪い印象を与えてしまうことも考えられるでしょう。

逆光にならないか

カーテンを背景にする場合、web面接の時間帯に光が窓から当たると逆光になり、自分の影で顔が暗く見えてしまいます。

そのような状態では表情が伝わりにくいだけでなく、面接官に良くない印象を持たれる恐れもあるでしょう。

完全遮光でない白や淡色のカーテンは逆光になりやすいため、注意してください。遮光性のないカーテンを背景に使う時には、面接の予定時間と同じ時間帯に、窓からの光の入り方を確認しておきます。

色や柄が派手・暗くないか

背景に使用するカーテンは柄のない白か白に近い淡色のカラーがベストです。基本的には、見る相手に清潔感・明るいイメージを与える色が適しており、黒・茶色・緑・赤など濃い色や暗い色は避けるべきでしょう。

カーテンの色や柄がweb面接の背景に使いにくい場合は、カーテンの買い替えやカーテン以外の背景を検討してください。

汚れはついていないか

カーテンを洗う習慣がないと、カーテンが汚れているのに気にならないという方もいます。

しかし、汚れたカーテンは清潔感に欠け、だらしない・生活が乱れているという印象を面接官に与えてしまう恐れがあります。

普段見慣れた自室だからこそ、カーテンが汚れていないかを事前に確認してください。自宅でカーテンの洗濯が難しい・汚れがひどい場合には、クリーニングを使うと良いでしょう。

カーテンに隙間はないか

カーテンに隙間があって窓からの景色が見えてしまう・風でカーテンがなびいてしまうような状態では、カーテンが背景としての役割を果たせていません。

隙間が開かないようにしっかりカーテンを閉めて、窓を閉める・扇風機を使わない・エアコンの風向きに注意するなどの工夫をしてください。

web面接でNGの背景

ここでは、web面接で面接官に良くない印象を与える恐れがある避けるべき背景をまとめました。次のような背景は、可能な限り使用しないでください。

家具などが映り込んだ生活感のある背景

web面接を自宅で受ける時に最も注意するべきことは、生活感を感じさせないという点です。スーツや身だしなみを整えて対面の面接と同じような意気込みでweb面接に挑んだとしても、生活感のある背景が映り込んでしまうだけで、面接官は応募者にラフな印象を持ってしまうでしょう。

タンスやベッドなどの家具はもちろん、洗濯物なども画面に映り込まないように注意してください。

ポスターや小物が映り込んでいる

ポスターや小物などの余計な情報があると、面接官は応募者の話に集中しにくくなります。面接では「自分だけに集中してもらえる環境」を整えることが重要なのです。

装飾品は全て取り外しておきましょう。

ポスターから会話を広げるという手段もありますが、面接官の趣味を事前に調べることは難しいため、成功率は低いと言えます。

バーチャル背景・ぼかし機能を使う

バーチャル背景やぼかし機能を使えば、背景を気にせずにweb面接が受けられます。そのため、どんなに散らかった部屋でweb面接を受けても問題ないと考える方もいるでしょう。

しかし、バーチャル背景・ぼかし機能を使う応募者に良い印象を持たない面接官は少なくありません。

なぜなら、バーチャル背景・ぼかし機能は万能ではないため、頭の一部が切れる・体が背景と一体化してしまう・顔がぼやけるなどの問題が発生しやすいのです。

また、「見られたくないような部屋に暮らしている」「web面接のために部屋を片付けることも出来ない」と感じる方もいます。

バーチャル背景やぼかし機能は、多くの会議ツールに用意されている便利なものですが、web面接では利用するべきではありません。

白い壁もカーテンも背景にできない場合

白い壁やカーテンのどちらも背景に用意出来ない場合には、次のような手段が選択可能です。それぞれのメリットとデメリットを理解し、自分に適した方法を選びましょう。

白い布・背景紙を使う

白い布や背景紙を使って、白い壁のような背景を用意するという方法です。背景にクローゼットや動かせない家具がある場合でも、白い壁があるかのように仕上げられるでしょう。

布や背景紙を選ぶ時には白色を選択し、汚れやシワなどがつかないように注意してください。

撮影用の背景固定スタンドを使えば、背景に布や紙を貼る場所がない場合でも、背景がしっかり固定出来ます。背景に適した良い素材が見つかれば、面接官からは「白い壁」との見分けがつきません。

自宅以外の場所でweb面接を受ける

ほとんどの応募者にとって最も落ち着いてweb面接が受けられるのは、自宅であると言えますが、背景の用意がどうしても難しいという方もいます。そんな時には、自宅以外でweb面接を受けるという手段もあります。

具体的には次のような場所であれば、web環境の整った場所でプライバシーを確保しながらweb面接が受けられるでしょう。

・ホテルの一室
・個室が完備されたネットカフェやコワーキングスペース
・レンタルスペース・会議室

web面接が社会に浸透した今では、web面接に適したサービスとして防音設備とweb環境を用意した個室プランのあるサービスも増え、自宅以外でもweb面接が受けやすくなっています。

ただし、インターネット環境などを確認しておくために、必ず事前に調査をしておくべきでしょう。その際には、実際にパソコンを配置してみて、明るさ・騒音・背景だけでなく、自分が集中して面接を受けられる場所であるかどうかもしっかり見極めてください。

まとめ

web面接の背景には白い壁が用意するのがベストですが、難しい場合は白や淡色のカーテン・白い布・白の背景紙などで白い壁のような背景を用意することが出来ます。

また、どうしても良い背景が見つからない時には、自宅以外でweb面接を受けるという手段もあるでしょう。

白い壁が用意出来ないからと言って、web面接に適さないような背景でweb面接を受けることは避け、万全の準備で希望する会社の面接を受けてください。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!