面接で緊張しない方法を紹介!準備や頭が真っ白になった時の対処法も!

面接で緊張して頭が真っ白になってしまうという方は多いです。面接の練習を繰り返しても、緊張のせいで思うような返答・態度ができなければ、期待する結果につなげられないでしょう。

誰でも大切なタイミングでは多かれ少なかれ緊張するものですが、面接を成功させるためには自分で緊張を乗り越えられるようにならなければいけません。

今回の記事では面接時に緊張しにくくする方法や頭が真っ白になってしまった時の対処法を説明しましょう。緊張のせいで面接に失敗してしまう方は、ぜひ参考にしてください。

なぜ面接は緊張するのか

人はなぜ面接で緊張してしまうのでしょうか?まずは面接で緊張する理由について説明しましょう。

面接官が初対面、慣れない雰囲気のため

普段から話し慣れている相手ではなく、初対面の相手と話す時には誰もが多少緊張します。

特に面接では、自分が相手から質問を受ける立場であり、相手がどんな質問をしてくるのか・相手の求めている答えは何か分からずに身構えてしまうでしょう。

そのため、普段初対面の人と話してもさほど緊張しないという方でも、面接の場では緊張しやすいものです。

日常会話と違うため

面接での会話は日常会話とは全く違う内容になります。普段の会話ではお互いに質問をし合ったり、自分が答えにくい質問は答えずに済ませたり出来ますが、面接ではそうはいきません。

また、正しい敬語を使って話をしなければいけず、自分が応募先に適した人間であることをアピールする必要もあるでしょう。

自分の返答の一つひとつが評価されていると考えると、さらに緊張しやすくなります。

「採用結果=人生の転機」と思ってしまうため

就職や転職は自分の人生を左右する重要なターニングポイントです。そのため、多くの方は面接の合否が自分の人生を変えると考えてしまうでしょう。

面接を軽視してはいけませんが、重要視するあまりに「絶対に失敗できない」と自分を追い込んでしまう方が多いです。

プレッシャーが大きくなるほど、より緊張してしまうでしょう。

面接で緊張しないための準備

事前に十分な準備をすると、面接で緊張しにくくなる可能性が高くなります。ここでは面接で緊張しないための対策について説明しましょう。

自己分析をしておく

誰もが応募先に採用されたいと考えるものですが、自分を大きく見せ過ぎることは良くありません。

自分とは違った人間を演じると、その事実を面接官に見抜かれてしまうでしょう。また、運良く採用に至ったとしても、入社後ずっと自分とは違った存在で居続ける必要があります。

面接前には自己分析をして、自分がどういう人間であり何をアピールするべきなのかを考えておくと良いでしょう。

企業・業界の研究をしておく

応募先で働きたいという熱意が強いのであれば、応募先の企業や業界について十分な知識を持って面接に挑むべきです。

企業が目指しているもの・今後の事業展開などを知りアピールすることが、企業で働きたいと意思の表れになるでしょう。

十分な面接対策をして面接に挑めば、自信のなさから来る緊張感を軽減できます。

自己PR等、自分の言葉で練習をしておく

多くの方は自己アピールに苦手意識がありますが、面接の場では自分が有能で企業で活躍できる人間であることを応募先に知ってもらわなければいけません。

自分の言葉で自己PRができるように何度も練習しておきましょう。

また、応募の理由である志望動機も、熱意を使えるための重要な項目です。自己PRや志望動機は必ず聞かれる質問だと考えて十分な練習を行いましょう。

想定される質問の答えを考えておく

面接では必ずしも想定内の質問があるとは限りませんが、想定可能な質問の答えを考えておくことで、自信を持って答えられる返答が増えます。

その結果、面接への不安や緊張を最小限に出来るでしょう。

ただし、練習をしてきた返答だからと言って棒読みにならないように注意してください。

面接当日に緊張しない方法

面接当日には、次のような行動で面接の緊張を防いでください。どの取り組みも難しいものではありませんが、心を落ち着かせる効果が期待出来るでしょう。

余裕を持って会場に向かう

面接会場には時間に余裕を持って到着してください。具体的には最低でも面接開始時間の15分前には会場に着き、5分前に受付に行くと良いでしょう。この15分が面接前の気持ちを落ち着かせる役割を持っています。

より早く面接会場付近まで移動し、カフェなどで面接のシミュレーションをしながら過ごすのもおすすめです。

深呼吸や軽く体を動かす

心と体は直結しています。リラックスをして緊張を予防するためにも、面接前には大きく深呼吸をしたり体を軽く動かしたりすると良いでしょう。

緊張で強張った筋肉がほぐされれば、自然と緊張が和らいで行きます。

面接会場でストレッチやマッサージをするのは難しいため、外でそのような時間が設けられない場合は、足組みを回す・足の指を結んだり開いたりするなどの運動が効果的です。

ゆっくり話すことを意識する

緊張している人間は無意識に早口になるものです。早口は相手に話の内容が伝わりにくくなるだけでなく、余裕のなさや緊張感も感じ取られてしまうでしょう。

逆に考えると、意識的にゆっくりと話をすれば、話しながら心を落ち着かせられます。

話し方のスピードを変えるだけで、相手に与える印象も違ってくるでしょう。

自分も会社を面接していると考える

面接では自分が評価されていると考えてしまうものですが、実際には自分自身も応募先が自分に適した企業であるかを見極める必要があります。

評価されているのは自分だけでなく相手側も同じだと考えれば、冷静な気持ちで面接が受けられるでしょう。

面接中に頭が真っ白になった時の対処法

十分な準備をしても、面接中に頭が真っ白になってしまうことはあります。ここからは、面接中に緊張を和らげる方法についてまとめました。

緊張していることを伝える

面接で緊張して頭が真っ白になってしまう応募者は珍しいわけではありません。面接官は多くの人材を見ており、面接で緊張してしまう人の気持ちも理解出来るのです。

自分が緊張してうまく話が進められていないと感じた時には、素直に「申し訳ありません、緊張しています」と面接官に伝えると良いでしょう。面接官は緊張している状態自体をマイナス評価することはありません。

自分の正直な気持ちを伝えることで、面接官が受ける印象も違ったものになります。

考える時間をもらう

想定していなかった質問にもスムーズに答えられることが理想ですが、緊張のせいで思うように頭が回らなくなってしまう方は多いです。

その時には慌てて無理に質問に答えようとせず「少し考える時間をいただいても良いでしょうか?」と面接官に伝えましょう。

面接官が求めているものは質問に対する返答の内容であり、返答スピードが重要視されているわけではありません。

素直に自分らしくを意識する

面接官は面接という限られた時間で応募者のことを知りたいと考えています。そのため評価は必ずしも質問に対する返答内容で決まるのではなく、面接での態度や人間性も問われているのです。

面接では自分らしさをアピールすることも大切です。自分らしくいられる場面では、緊張も薄れていくでしょう。

まとめ

緊張のせいで面接で失敗してしまうという方は、しっかりとした事前準備・当日の取り組みでその緊張を少なく出来ます。また、面接の場で緊張から頭が真っ白になってしまっても、自分を落ち着かせる方法があることを知っておきましょう。

自分は緊張しやすいと考えず、緊張を予防・緩和するための手段を把握しておけば、自分で面接の緊張をコントロールできるようになります。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!