履歴書テンプレートはスマホでダウンロード|履歴書作成サイト・アプリおすすめ6選

転職活動をしている方の多くは、現在の仕事をしながら空き時間を活用して応募先の選定・必要書類の作成・面接に向けての準備を進めなくてはいけません。大半の社会人にとってその取り組みは簡単なことではないでしょう。

準備不足により大切なチャンスを逃さないためには、転職活動の中でも可能なステップを効率化させるべきです。

特に履歴書の作成を手書きでなくパソコン作成にすれば、書き直しや複数作成する際の手間を大幅に節約出来ます。今回の記事では、履歴書作成に活用可能なサイトやアプリをまとめました。

転職活動で履歴書作成を効率化させたいと考えているのなら、ぜひ参考にしてください。

スマホで効率的に履歴書を作成しよう

少し前までは履歴書や職務経歴書は手書きで作るべきだという考えが社会に定着していたものの、オンライン面接や応募が一般的になった今では履歴書作成にパソコン・スマホを活用出来るようになりました。

手書きで作成する履歴書は改ざんを不正する目的でボールペンなど修正出来ない筆記具で記載しなければならず、修正液や修正テープの利用も避ける必要があります。そのため、履歴書の手書き作業には非常に多くの時間がかかるのです。

デジタルで作成した応募書類は何度も自由に修正可能なことから、より効率良く応募書類を作れるでしょう。また、作成済みの履歴書は自己PRや志望動機を書き換えるのみで複数の求人への応募書類として使いまわせます。

パソコンやスマホの利用により、質が高い履歴書を短時間で作れるようになると考えてください。

ただし、稀ではあるものの履歴書を手書きで作成するように指定される、または応募先でフォーマットが指定されている場合があります。履歴書作成時には応募先の指示に従うことを最も重要視してください。

おすすめの履歴書作成サイト3選

ここでは、おすすめの履歴書作成サイトを3つ紹介します。それぞれのサイトは特徴や使い勝手が異なるため、自分に適したサービスを探してください。

Yagish

会員登録をせずに履歴書作成が出来るYagishは質問に答えていくスタイルで履歴書作成を進められるのみでなく、送付状や職務経歴書の作成機能も搭載しています。

自己PRに活用出来る例文も豊富に用意されており、パソコンやスマホ操作が苦手な方でも使いこなせるでしょう。

転職用・新卒用・アルバイト用・インターンシップ用・パート用など用途別のフォーマットの他に、職歴短め・職歴長め・証明写真なしなどの使い分けやすい履歴書スタイルも複数用意されています。

さらに「ヤギのメール便」「ヤギの宅配便」など、履歴書作成のみでなく先方に届けるまでのサービスも活用可能です。

公式サイト:ブラウザでつくれる履歴書・職務経歴書「yagish(ヤギッシュ)」

らくらく履歴書

らくらく履歴書はスマホを活用して手軽に履歴書を作成可能なサービスです。一般的なJIS規格の履歴書のみでなく転職用やアルバイト用の履歴書フォーマットもあり、求人に合わせてさまざまな用途に活用出来るでしょう。

履歴書はフォームに沿って情報入力をするだけで作成が進められ、自己PRや志望動機にはさまざまな例文が用意されています。自分で文章を考えることに苦手意識がある方でも、スムーズに履歴書を作れるでしょう。

また、生年月日を入力するだけで年齢や学校入学年月・卒業年月を算出する機能も搭載しており、履歴書作成作業がスピードアップします。完成した履歴書は、コンビニ印刷・PDFダウンロードで手に入ります。

公式サイト:らくらく履歴書|スマホで簡単に履歴書を無料で作成

電子履歴書

電子履歴書は員登録不要でも履歴書、職務経歴書の作成が可能です。電子履歴書の特徴は「フォントの大きさや字間、行間や余白」といった細かい調整が可能なところです。

また、テンプレートも豊富のため就活や転職、アルバイトなど、自分に合った履歴書を作成しやすいでしょう。

スマホからも作成や、保存したデータの編集もしやすく、コンビニ印刷pdfダウンロードもできます。

公式サイト:電子履歴書

おすすめの履歴書作成アプリ3選

次に、履歴書を作成可能なおすすめのアプリを3つ紹介します。アプリであれば、スマホを活用してより簡単に履歴書を作成可能でしょう。

レジュメ

リクルートが提供している履歴書作成アプリであるレジュメなら、スマホで簡単に履歴書を作れます。履歴書のテンプレートにはスタンダードタイプの他に、自己PR用・資格重視用などいくつかのテンプレートが用意されています。

志望動機の例文も参考に出来るため、急ぎで履歴書作成を済ませたいという方にもおすすめでしょう。

コンビニ印刷はローソン・セブンイレブン・ファミリーマートなど複数の大手コンビニチェーンを活用可能です。

・Google Play:レジュメ〜面接に使える履歴書・作成アプリ〜by タウンワーク
・App Store:レジュメ

履歴書作成(インディード)

求人サービスを運営するインディードが提供するアプリであり、転職向けの履歴書と職務経歴書作成に対応しています。

証明写真撮影機能も搭載していることから、履歴書の内容入力から証明写真の添付まで全て一つのアプリで済ませられるでしょう。撮影済みの写真の細かな編集も行えます。

完成した履歴書はPDF保存またはコンビニでも印刷可能です。

・Google Play:履歴書作成(インディード)
・App Store:履歴書作成(インディード)

Yagishアプリ

Yagishアプリは上記「おすすめの履歴書作成サイト3選」で紹介したYagishのサービスをスマホでより使用しやすくしたアプリです。Yagishのサービスを気軽にスマホで活用したいと考えているのなら、アプリのダウンロードもしておくべきでしょう。

・Google Play:Yagishアプリ
・App Store:履歴書・職務経歴書 作成 Yagish

履歴書作成サイトやアプリを選ぶ際のポイント

履歴書作成サイトやアプリを選ぶ時には、次のポイントを理解しておきましょう。自分にぴったりの履歴書作成サービスは何か考えてみてください。

自分のキャリアに合った履歴書テンプレートがあるか確認

履歴書は全て似たようなデザインだと考える方もいますが、実際にはテンプレートによってレイアウトが変わります。例えば、職歴欄や志望動機欄のサイズはテンプレートごとに異なるでしょう。特にこれまでの転職歴が多い方は職歴に多くのスペースが必要です。

自分に適した履歴書のテンプレートを探すためには、初めから豊富な履歴書テンプレートを提供しているアプリ・サイトを選んでください。事前に、自分がスペースを割きたいと考えているポイントはどこか考えておくと良いでしょう。

データの保存形式を確認

WordやExcel形式のデータは改ざん出来てしまうため、履歴書は基本的にPDF形式で送るべきだと言われています。さらにPDF形式なら、印刷時にレイアウトが崩れる心配もありません。

履歴書作成サービスの大半はPDF形式での保存に対応しています。自動保存機能も搭載していれば、保存忘れにより大切なデータが失われる心配もないでしょう。

使いやすさを確認

履歴書作成サイト・アプリの操作方法はサービスごとに異なります。効率良く履歴書作成を進めるためには、使いやすい操作方法のサービスを選択するべきでしょう。

多くの履歴書作成サービスは用意された質問に答えていくだけで履歴書を仕上げられます。何度か履歴書作成サイト・アプリを活用しても使いにくさを感じるのなら、他のサービスも使ってみると良いでしょう。

印刷できるコンビニの種類や店舗名を確認

履歴書作成サイト・アプリで作成した履歴書はデータのみでなく、コンビニで印刷して活用する場合もあります。しかし、全てのサイトやアプリが自宅近くのコンビニでの印刷に対応しているとは限りません。

印刷に必要な手間を少なくするためには、自分にとって使い勝手が良いコンビニでの印刷にサービスが対応しているか確認することが大切です。

履歴書作成サービスを選定する際には、サイト・アプリで対応可能なコンビニの種類のみでなく、店舗名も調べておいてください。

履歴書作成サイトやアプリ使用時の注意点

履歴書作成サイトやアプリを活用して履歴書を作成する時には、次の点に注意しましょう。このようなポイントが理解出来ていないままでは、採用担当者に悪い印象を与えてしまう可能性があります。

義務教育は書かなくてOK

履歴書作成の学歴は、小学校や中学校も書くべきかどうかという点にルールはないものの、義務教育終了過程から書くことが一般的です。そのため、高校の入学からの学歴を書いていきましょう。

また、高校は「高校」ではなく「高等学校」と記載し、〇〇県立・私立などの表示も忘れないようにしてください。

応募職種に関係のない資格は優先度を下げる

複数の資格を所持している方は、応募する職種で重要視されると予測可能な資格を優先して書いていきます。

例えば、経理への転職活動なら「日商簿記」「ビジネス会計検定」「ファイナンシャルプランナー」などの資格を優先します。記載する資格の優先度は以下を参考にしてください。

1.応募する業務に関係が深いもの・有利と考えられるもの
2.普通自動車免許など実用性が高いもの
3.国家資格

それ以外の資格は、最後に書くか記入しきれない時には省略しても構いません。

文章の使いまわしや古い写真は避ける

さまざまな企業に履歴書を使い回したいと考えて、自己PRや志望動機に無難な文章を選ぶことはおすすめ出来ません。どの企業への応募にも使えそうな文章は特徴がなく自己アピール力に欠けるのみでなく、「使い回し感」を感じる採用担当者もいるでしょう。

また、証明写真は6ヶ月以内に撮影したものを使用します。何年も前に撮影した証明写真を使い回すことは避けてください。

特に写真館での撮影は数千円の費用がかかりますが、最新かつ美しい仕上がりになります。担当者への印象にもつながるため、このような仕上がりのいい写真を使うべきです。

印刷はコピー用紙を選択してOK

作成した履歴書データの印刷に使用する用紙は何が良いか迷ってしまう方もいるようです。履歴書の印刷に特別な用紙は必要ありません。一般的なコピー用紙に印刷して良いでしょう。

ただし、郵送や持ち運びで折れたり曲がったりしないように、クリアファイルを活用してください。

まとめ

スマホのアプリやオンラインサイトを活用すれば、効率良く転職活動に必要な履歴書・職務経歴書などが作成可能です。複数の履歴書作成サービスを比較検討して、自分が使いやすいものを選択出来ると良いでしょう。

ただし、履歴書作成サービスを活用して履歴書を作る時には、手書きの履歴書作成よりも誤字脱字が増えやすい点を考慮するべきです。何度も見直しを行なって、正しく質の良い履歴書を作れるようにしてください。

自分に適した履歴書作成サイト・アプリを導入することで、転職活動を効率化出来るでしょう。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!