オンライン面接で好印象なメイクや髪型を徹底解説!

Web面接時の身だしなみは対面の面接と同じだと考えて良いのでしょうか?

Web面接も対面の面接も面接官に清潔感と爽やかさや誠実さを印象づけることが大切ですが、Web面接は対面の面接に比べて面接官が得られる応募者の情報が少ないです。

そのため、応募者も対面の面接時以上に画面に映る自分の印象に注意を払う必要があります。今回の記事ではWeb面接の際に守るべき身だしなみのマナーをまとめました。

Web面接時のメイクのマナー

女性の場合、普段あまり化粧をしない方でも面接の場ではすっぴんではなく面接に適したメイクをしてください。もちろん厚化粧は避けるべきですが、ノーメイクをマナー違反だと感じる面接官もいます。

メイクに慣れてない方は事前に練習をしておくべきでしょう。細かな就活メイクのポイントについては、次の章にまとめました。

好印象なメイクのポイント

Web面接では画面に映った応募者の印象が面接の合否を左右します。面接官に良い印象を与える就活メイク・身だしなみのポイントは次の通りです。

リングライトなど照明器具を使う

Web面接の身だしなみで最も注意するべき点は顔色です。特に顔色が悪くない方でも、Web面接を受ける部屋の照明やカメラの位置によって顔色が悪く映ってしまいます。

顔色が暗い・悪い状態のままWeb面接を受けると、面接官に「性格が暗そう」「不健康そう」という印象を持たれてしまう恐れがあります。

Web面接で自然に顔色を明るく映すためにはリングライトが有効です。

Web面接やWeb会議が一般的になった今では、机の上やパソコンに取り付けられる小さいサイズのリングライトも販売されています。

リップとチークは少し濃い目に赤みをつける

デバイスの画面を通すと顔の凹凸が目立たなくなり、ぼやけた印象になりやすいです。そのため、普段から立体メイクをしている方でも、その効果が得にくいと言えるでしょう。

自分自身の本来の魅力を相手に伝えるためにも、リップやチークにはいつもより濃い目の赤みをつけて、顔全体の印象を引き締めてください。

マスカラやアイブロウは少し濃い目にする

顔がのっぺりとした印象にならないように、マスカラ・アイブロウもしっかり濃い目を意識します。特にアイブロウが見えにくくなると、眉毛の存在が薄くなってノーメイクと感じられる可能性があるためです。

普段眉の縁取りをしていない方は、縁取りもしてみると良いでしょう。

ハイライトで健康的+透明感をアップする

顔を立体的かつ健康的でいて透明感のある肌に見せるためには、ハイライトを活用すると良いです。

鼻筋やおでこに軽くハイライトを乗せれば、明るく爽やかな印象に仕上げられるでしょう。

好印象な髪型のポイント

Web面接では気を抜きがちな髪型も、対面の面接と同じようにしっかり準備してください。面接官に良い印象を与える髪型のポイントは次の通りです。

タイトにまとめておく

Web面接で清潔感のある印象を演出するためには、髪型はタイトにまとめるべきです。普段ふわふわとした無造作なヘアスタイルが好みの方でも、面接ではきっちりと髪の毛を縛るか顔にかからないようにしてください。下を向いた時に顔が髪の毛で隠れてしまうような状態は避けましょう。

髪の毛が長い女性は髪の毛を結び、短い女性は髪を耳にかけたりヘアピンを使って止めておきます。

まとめ髪用の整髪料を使う

髪の毛を結んでも飛び出している毛を「アホ毛」と呼びますが、ピョンピョン飛び出している毛は画面越しでも確認出来ます。

髪の毛をしっかりまとめるためには、まとめ髪用の整髪料を活用してアホ毛が飛び出さないようにしましょう。

Web面接の身だしなみで気を付けること

Web面接の身だしなみでは次の点に気をつけるべきです。先ほど説明した就活メイクや髪型のポイントと重複する部分もありますが、再度確認しましょう。

顔色

顔色は応募者の印象を左右する重要なポイントです。不健康だと感じる応募者を採用したいと思う面接官はいないでしょう。

実際の顔色に問題がなくても、画面越しでは顔色が悪くなってしまうことは多いです。

顔色の印象を良くするためには、メイクよりもWeb面接時の照明にこだわるべきです。自分の顔色が良く見える照明を導入して、面接官に明るく健康的な印象を与えましょう。

すっぴん

「化粧は社会人の身だしなみである」と考える方もおり、すっぴんに悪い印象を持つ面接官は多いです。そのため普段からあまりメイクをしない方でもメイクをして面接に挑むべきでしょう。

ただし、ナチュラルメイクを意識し、厚化粧や奇抜なメイクにならないように注意が必要です。

アホ毛

頭頂部付近からピョンピョンと飛び出してしまう毛を「アホ毛」と呼び、髪の毛のまとまりを損ないます。

先ほどもお伝えしたようにアホ毛を目立たなく出来るまとめ髪用の整髪料の使用がおすすめです。

ネイル

Web面接ではネイルまで見られないのではないか?と考えている方は多いですが、実際に面接官は応募者のネイルをチェックしています。

そのためネイルをするのであれば、シンプルでビジネス向けのデザインにしてください。

全身の服装

Web面接は画面に映る上半身だけの身だしなみを整えれば良いと考えている方もいます。しかし、絶対にカメラの前から動かずに面接が完了するとは限りません。

例えば外付けのWebカメラがズレる・Wi-Fiの調子が悪くて立ち上がる・資料を落としてしまって席から離れるなどの動作で、全身が写ってしまう可能性があるのです。

Web面接だからといって油断せず、必ず全身の身だしなみを整えてください。

Web面接の事前準備

Web面接の前には画面に映る自分の印象を良くするために、しっかり準備しておくポイントがあります。ここではWeb面接前にチェックするべき点を紹介しましょう。

メイクのカメラ映りを確認をしておく

Web面接時のメイクは鏡ではなく画面にどう映るかをチェックする必要があります。普段と同じようにメイクをしても、画面を通すと雰囲気が違って見える可能性があるでしょう。

当日メイクを直す時間が用意出来ないことも考えられるため、メイクのカメラ映りは事前に確認しておいてください。

「白」か「無地」の背景にする

Web面接に映る背景は白または無地の壁が良いです。家具やポスターが映り込まないように注意しましょう。

背景に適切な壁が用意出来ない時には、カーテンやスクリーンを活用するという手段もあります。

バーチャル背景は時折室内が映ってしまう可能性があるため、おすすめ出来ません。

照明器具の明るさ調整をしておく

照明器具の明るさや照明の当て方によって顔色の印象は大きく変わります。また、窓から入る光によって室内の明るさも変わるでしょう。

可能であれば、当日よりも前にWeb面接の予定時間と同じ時間を使って照明の調整を済ませておいてください。

照明が不足していると感じる場合は、事前に用意しなければいけません。

カメラの位置を真正面か目線が少し上にくるように設置しておく

面接官を見下す視線になってしまうと、相手に高圧的な印象が残ります。Web面接ではカメラを目線の真正面か少し上に来るように調節しましょう。

パソコンをデスクに置いた状態では内蔵カメラは人の目線よりも下に位置するため、パソコンの下に台を置くなどの方法でパソコンの高さを高くする必要があります。

まとめ

Web面接では対面の面接よりも面接官に与えられる情報が少なく、面接官は画面の中に映る応募者の印象を参考に採用を進めなければいけません。また、画面の中の自分が普段とは違ったものに映る場合もあります。

例えば顔色が悪い・性格が暗いように見える・威圧的な印象になっているような問題は事前準備で予防出来ます。

この記事を参考に、しっかり準備を整えた上でWeb面接に挑みましょう。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!