スマホで履歴書作る方法!おすすめの履歴書作成アプリや選び方を紹介!

パソコンを使わずにスマホだけで作成できるアプリを探している人へ、本記事では使いやすい履歴書作成アプリを紹介しています。

履歴書の提出方法にオンライン提出が認められるケースが多くなるにつれて、履歴書作成アプリも多くリリースされるようになりました。

数多くの履歴書作成アプリの中からどれを選んだら良いのか迷っている人は、使いやすくおすすめのアプリを紹介していますので、ぜひ記事内容をご確認ください。

スマホで履歴書を作る方法

履歴書作成アプリは、スマホで履歴書を作成するときに活躍してくれるツールです。自宅にプリンターがない場合でも、コンビニのマルチコピー機を使ってプリントアウトできます。修正が簡単にできるため、手書きで履歴書を作成しているときにありがちな、間違えた時の絶望感を味わうことはありません。

データを保存しておけば簡単に使い回しできる点も見逃せないポイントです。志望動機や自己PR例文付きのアプリもリリースされており、以前と比べて格段に便利になっています。
オンラインでの履歴書作成が増えつつある昨今では、履歴書作成アプリの活用シーンは増える一方です。

履歴書作成アプリ3選

おすすめの履歴書作成アプリを3つ、ピックアップしました。

  • 履歴書作成(インディード)
  • レジュメ
  • バイトルの履歴書作成アプリ

履歴書作成(インディード)

履歴書作成(インディード)は求人ポータルサイト「インディード」がリリースしている履歴書作成アプリです。
履歴書のテンプレートは、「アルバイト・パート用」と「転職用」の2種類が用意されています。
求人ポータルサイトを運営するインディードが作成したアプリなだけあって、流れるように履歴書作成を進められます。
簡単な下書きさえしておけば、作成の途中で手が止まることはないでしょう。
また、AIを活用した証明写真撮影機能も搭載しているため、わざわざ写真を撮影しに出かける手間も省けます。
作成した履歴書データはPDF形式での保存が可能です。そのため、インディードの「履歴書作成アプリ」を使えば簡単に応募ができます。

レジュメ

レジュメは、リクルートが提供している履歴書作成アプリです。編集画面の表示に合わせて必要な項目を入力していくだけで、簡単に履歴書が完成します。
用意されている履歴書のテンプレートは「スタンダード」「資格重視用」「自己PR用」の3種類です。応募先企業へアピールしたい内容に合わせてテンプレートの使い分けができます。

志望動機の例文が用意されているので、文章の作成が苦手な人でも安心です。文章が思い付かず手が止まって先に進めない、ということも少ないでしょう。

コンビニ印刷にも対応しており、PDFでの出力もできます。色々な応募のスタイルにも対応しているため使い勝手が良いです。

バイトルの履歴書作成アプリ

バイトル履歴書は、求人サイトのバイトルによって提供される履歴書作成アプリです。バイトルは基本的にアルバイト・パート向けのサービスですが、「バイトル履歴書」は、就活用の履歴書も作成できます。

用意されている項目に入力するだけなので、履歴書の作成はとてもスムーズです。志望動機のテンプレートも豊富に用意されており、選択式の質問に答えていくだけで最適な志望動機の文章を作成してくれるサービスもあります。

証明写真まで作成でき、搭載されている美肌加工や目のくま消しの機能によって、写りの良い写真に仕上げることも可能です。

各種プリントアプリとも連携できるため、対応アプリをダウンロードするとコンビニでも自宅でも簡単に印刷できます。

履歴書作成サイト3選

おすすめの履歴書作成サイトを3つ、紹介します。

  • yagish(ヤギッシュ)
  • しごとナビ
  • 電子履歴書

yagish(ヤギッシュ)

yagish」は会員登録なしで利用できる無料の履歴書作成サイトです。
項目に沿って入力するだけで簡単に履歴書を完成させることができます。テンプレートは数種類用意されており、さまざまなシーンでの活用に柔軟に対応します。
送付状や職務経歴書も作成できる上に、転職者用の履歴書テンプレートまで用意されている充実ぶりです。
自己PR用の豊富なテンプレートは、文章作成が苦手な人の履歴書作成をサポートしてくれるでしょう。就活者の代わりに履歴書や送付状、封筒、職務経歴書を印刷して応募先の企業に届けてくれるヤギの宅急便というサービスも提供しています。

会員登録すると、作成した書類のバックアップ・コンビニ印刷・PDF形式での保存ができるようになります。機能が充実しているため、使い勝手の良い履歴書サービスです。

しごとナビ

求人情報サイト「しごとナビ」の履歴書作成サービスは履歴書の作成だけでなく、さまざまな便利機能を備えたツールです。
履歴書の基本情報となるプロフィールの内容は、会員登録の際に基本情報を記載するだけで自動的に反映されます。大変な履歴書作成の一部が自動で入力されるのは嬉しい限りです。わざわざ最初から記載する手間は大幅に削減されます。
履歴書をダウンロードした後のメール添付、excelでのカスタマイズ、写真付き履歴書の簡単作成など、履歴書作成に必要な機能は一通り揃っています。

電子履歴書

電子履歴書は株式会社えんがわが提供する履歴書作成サービスです。会員登録なしでも利用できる気軽さと汎用性の高い各種入力項目やフォーマットを備えている点が特徴的です。
フォーマットは、新卒や中途、パートやアルバイトなど10種類のフォーマットから選択できます。
フォントの大きさや行間、余白などきめ細かく調整できる点もポイントです。

シンプルながらも履歴書を作成するための必要なツールは網羅されているため、履歴書作成に不便を感じることはありません。

履歴書作成アプリを選ぶポイント

履歴書作成アプリを選ぶときに抑えておくべきポイントを3つ、紹介します。

  • レイアウトが入力しやすいか
  • 入力情報が保存される機能があるか
  • 印刷機能はあるか

レイアウトが入力しやすいか

用意されているフォーマット内のレイアウトの見栄えの良さや使いやすさは、履歴書作成アプリを選ぶ上でとても重要なポイントです。
履歴書作成時では、使いにくいレイアウトでは作成に時間がかかってしまい、間違いも多くなります。スマホのような小さな画面で操作することを考えると、使いやすく見やすいレイアウトはとても大切です。

応募先企業の採用担当者が見やすい履歴書を作成することはとても大切です。それだけで選考通過率がアップする可能性もあります。

入力情報が保存される機能があるか

履歴書の作成を途中で中断しても再開できる保存機能や、完成した履歴書を保存できる機能があるか、確認しておきましょう。履歴書作成アプリは、会員登録しないと保存できないものが多いです。
応募先がいくつかある場合、保存できないと最初から作成する羽目になりますので、最初から保存できるアプリを探して利用するようにしましょう。

印刷機能はあるか

アプリで作成した履歴書をメッセージに添付して提出する機会が増えつつありますが、紙の履歴書の提出を求められるケースはまだまだあります。
紙の履歴書提出にも対応できるように、印刷機能が備わっているアプリを選んでおくと汎用性が高く、便利に利用できます。
コンビニのマルチコピー機で出力する方法は、WEBサイトにアップロードする方法とPDF出力です。
どちらかというと、有効期限のないPDF出力の方が便利です。

履歴書アプリを使う際の注意点

履歴書アプリを使用する際の注意点を3点紹介します。

  • 誤字脱字がないか見直しが必要
  • 企業名などの差し替えのミスに注意する
  • 印刷設定を確認する

誤字脱字がないか見直しが必要

履歴書作成アプリでも手書きでも同じですが、履歴書の誤字脱字は厳禁です。基本的に誤字脱字がある履歴書は書類選考の時点でお見送りとなるケースが多いです。
お見送りにならなかったとしても、応募先企業へ与える印象はよくありません。

アプリで履歴書を作成する場合、入力ミスによる間違いが起こりがちです。履歴書が完成したあとは、誤字脱字をチェックするWebサービスを使って間違いがないか確認しましょう。

企業名などの差し替えのミスに注意する

履歴書作成アプリの強みは、一度作成した履歴書を使い回しできる点にあります。使いまわす時は、企業名や志望動機などの書き換えは必要になりますが、その際に企業名を間違えて応募することがないようにしましょう。
企業名の間違いは、誤字脱字と同様に書類選考の時点でお見送りとなる可能性が高いです。
関連して、メッセージを別のところに送信してしまう間違いもありがちです。
応募書類を提出する時は、書類と送信先を今一度、しっかり確認しましょう。

印刷設定を確認する

アプリで作成した履歴書は見開きサイズで印刷するようにしましょう。一般的な履歴書のサイズは、A4やB5サイズですが、このサイズを見開くとそれぞれA3サイズとB4サイズになります。
見開きでなく2枚で印刷することについて、明確にNGとする決まりはありませんが、慣例に従う方が無難です。
アプリで作成した履歴書を印刷するときは、印刷設定をしっかり確認しましょう。

まとめ

履歴書作成アプリを選ぶときは、自分の用途にあったアプリを使うようにしましょう。シンプルな物から多種多様なものまで数多くのアプリがリリースされていますが、自分が使うための要件を満たしていなければ意味がありません。
求人サイトが提供している履歴書サービスを使うと簡単に応募できるメリットもあります。必要な項目を満たしているサービスを選択しましょう。
紙の履歴書の提出が求められる場合、出力方法も大事なポイントです。最低限、PDF出力ができるサービスを選ぶようにしたいところです。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!