履歴書は手書き・パソコンどっちがいい?みんなどっちで作成してる?

履歴書を作成する際に
「履歴書はやっぱり手書きの方が好印象?」
「パソコンで作成しちゃってもいいの?」
という疑問を抱く人は多いのではないでしょうか。

面接官に与える印象に関わることですので、迷ってしまう人も少なくないでしょう。

この記事では、履歴書を手書きとパソコンどっちで作成すればいいのかを考えるうえで重要な点を解説していきます。

履歴書は手書きとパソコンどっちがいい?

近年、履歴書をパソコンで作成する人の方が圧倒的に多いです。
それは現在、多くの就転職サイトが、履歴書を企業に送付するサービスを提供していることが背景にあるためです。

手書きは時間がかかる上に、エントリーした企業それぞれに一枚ずつ作成する必要があります。そのため、応募者にとって手書きはデメリットでしかないように見えます。しかし、面接官によっては丁寧な手書きの方が熱意がこもっていて好感が持てると考える人もいます。

ですので、どちらで作成すればいいのかは、応募する企業に依存します。
履歴書は手書きと、パソコンでは、どちらにもメリットがあるためです。

以降で双方のメリットを解説します。

履歴書をパソコンで作成するメリット

前述した通り、パソコンで作成した履歴書はメールや就転職サイトを通して送ることができます。
また手書きと比べ、パソコンで作成した履歴書は字の大きさや間隔が均一で読みやすい上に、誤字脱字が生じる確率が低いです。ですので、面接官の読みやすさを重視するならばパソコンで作成した履歴書で間違いはないでしょう。

以下に履歴書をパソコンで作成するメリットをまとめます。

・誤字をしてもすぐに修正できる
・他の企業にも使いまわせるため効率的
・パソコンのスキルがあることをアピールできる
・面接官が読みやすい
・エントリーから履歴書の送付までがスムーズ

履歴書をパソコンで作成する際の注意点

履歴書をパソコンで作成することにはメリットが多くあります。
ただし、いくつか注意点があります。以下で解説しますので参考にしてください。

①フォーマットの確認

企業によっては、パソコンで作成する際のフォーマットや書式、項目の指定がある場合があります。

ですので指定がないかどうかを、作成する前に確認しておきましょう。

②作成した履歴書は必ず名前をつけて保存する

履歴書をパソコンで作成するのは効率的ですが、送り先を間違えてしまう失敗をする人は少なくありません。

同じ業界・職種に絞って就転職活動をする場合、企業に合わせて少しずつ内容を変えただけの、似たような履歴書が何枚も出来上がってしまうためです。

ですので、どれが提出するものか分からなくならないように、名前を付けてしっかりと管理しましょう。

そうすることで、参考にしたいときにもすぐにファイルを取り出すことができます。

③フォントサイズに気を付ける

フォントサイズは11~12に設定しましょう。空欄を埋めようとフォントサイズを大きくしたり、逆に小さくして欄にぎっしり詰め込んだりすると、面接官が読みづらくなる可能性があります。

ですので大きすぎず、小さすぎない適切なフォントサイズで作成しましょう。

履歴書を手書きで作成するメリット

前述したとおり、履歴書を手書きで作成するのはパソコンと比べて手間がかかります。
ですので、面接官に「マメな人」「熱意がある人」と印象付けをしたいのであれば手書きで履歴書を作成するという選択肢もあるでしょう。

以下に履歴書を手書きで作成するメリットをまとめます。

・「少数派」なので印象に残る
・綺麗な字を書くと好感をもたれる
・丁寧でマメな性格をアピールできる
・企業に対する熱意を伝えられる

履歴書を手書きで作成する際の注意点

履歴書を手書きで作成する際にはいくつか注意点があります。

手書きの場合、字体や文字の大きさが、その人の性格や熱意を判断する材料になります。上手く作成出来れば好感を得られますが、読みづらかったりきれいに整っていないとマイナスなイメージを持たれてしまいます。

ですので手書きで作成する際の注意点について解説していきます。

①修正テープ・修正液は使用しない

履歴書は公的書類ですので、修正テープ・修正液は使用してはいけません。

書き直しにならないように、まずは鉛筆で薄く下書きをしてください。そのあと、ボールペンで清書しましょう。

②きれいな字を心掛ける

手間暇をかけて手書きで書いても、字が汚い、あるいは乱雑に見えると好感どころかマイナスな印象を与えてしまいます。字に自信がない人はパソコンで作成した方がいいでしょう。

字に自信がない人で、手書きの指定をされる場合はどのように対処すればいいのでしょうか。その場合は、できる限り丁寧に字を書くようにしてください。

ゆっくり時間をかけて丁寧に書いた字は、たとえ整っていなくても熱意が伝わるためです。

③履歴書は折らない・汚さない

企業から履歴書を郵送で送るように指定されるケースがあります。その場合、履歴書を折って送ると印象がよくありません。

ですので、履歴書は折らなくても送れるような、角形2号などの大きいサイズの封筒を用意しましょう。
郵送する前に、端が折れていないか、汚れていないか確認をしましょう。

企業の傾向で判断しよう

手書きにも、パソコンでの作成にもメリットがありますが、パソコンが無難であることが分かります。

一方で、企業は性質によって好みが分かれます。つまり重要なのは、就転職を希望する企業に合った履歴書の書き方を選ぶということです。

例えば、IT企業では、PC業務がメインになるため、パソコンで作成された履歴書が好まれるでしょう。

対して、販売、介護職などは人柄が判断材料になる傾向にあります。ですので、手書きの方がよいかもしれません。

パソコン、あるいは、手書きで書いた方が印象が良くなる可能性がある企業を以下にまとめます。

【パソコンで作成した方がいい企業】
・パソコンのスキルが求められるIT企業
・応募者が多い大手企業
・テクノロジーの最先端をいくベンチャー企業 など
【手書きで作成した方がいい企業】
・丁寧さが求められる専門職
・伝統的な企業
・熱意重視のエンタメ企業 など

必ずしも当てはまるとは限りませんが、こういった企業の傾向を下調べし、それに合った方法で作成できると就転職活動が円滑に進むでしょう。

まとめ

この記事では、「履歴書を作成する際に手書きとパソコンどちらがいいのか」について解説しました。
従来は、手書きの方が丁寧でいいとされていましたが、今はパソコンで作成する人が多いです。つまるところ、どちらで作成しても問題はありません。
迷ったら、企業の傾向を下調べして、どちらで履歴書を作成するべきか判断しましょう。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!