転職失敗しても人生終わりじゃない!その理由や転職成功のステップへ変える方法を紹介!

採用・不採用は企業との相性もあるため、必ずしも自分だけに原因があるとは限りません。それでも、転職活動に失敗すると、人生が終わったかのような気分になってしまうでしょう。

なぜなら多くの人は次の職場への希望を膨らませて転職活動を行い、自分の理想とする未来に向けて新しいステップを踏み出そうとしているからです。

今回の記事では、転職に失敗して落ち込んでいる方に向けて、今やるべきことや失敗を成功につなげるステップについて説明しましょう。

転職失敗しても人生終わりじゃない理由

「転職失敗」の言葉には、2つの意味があります。

一つ目は「応募先から採用されずに転職自体が実現していない」二つ目は「転職先に問題があった」です。後者は転職活動自体は成功しているものの、前職に戻りたい・再度転職したいと後悔している状態だと言えるでしょう。

転職が当たり前の時代になった

少し前までは新卒で入社した企業に定年まで働き続ける終身雇用が一般的で、転職をするとしても大半の方の転職回数は人生のうちで1回多くとも2回程度でした。

しかし終身雇用制度の時代が終わった今では、転職を複数回行うことは転職時のネガティブな評価につながらなくなりました。

採用担当者があまりに多い転職回数に良い印象を持たない可能性は否定出来ないものの、転職回数は選考に影響しないと考える企業も増えています。

そのため、転職先で再度転職をしたいと考えている場合に「もう転職出来ない」と考える必要はないと言えるでしょう。

企業数が多いため転職が成功する可能性がある

国内には2022年段階で300万社程度の企業が存在します。もちろん希望する職種・業種次第で応募先の数は変わりますが、数十社から採用を得られなかった事実に思い悩む必要はないのです。

自分が見つけられていないだけで、より理想的な企業の求人が存在する可能性があります。

転職失敗で人生終わりと感じる理由

転職失敗で人生は終わりませんが、多くの方が転職失敗を人生のどん底のように感じてひどく落胆してしまいます。その理由には次のような事柄が関係しているでしょう。

終身雇用のイメージが根強い

先ほどもお伝えしたように終身雇用が一般的ではなくなった今でも、日本は長い間終身雇用の考えが強かったことから、転職失敗が人生の終わりだと考えてしまう方がいます。

もう二度と転職は出来ず、一生不満のある職場で働かなくてはいけないと思い込んでしまうのです。

現代はそのような時代ではないと再認識する必要があるでしょう。

収入面の不安

現職を退職して転職活動をする場合には、転職活動の失敗が続いて転職活動の期間が長引くほど収入面の問題が出てきます。その結果、焦りから理想とかけ離れた企業に転職してしまう恐れもあるでしょう。

転職活動は可能な限り離職せずに始めるべきです。

転職失敗回数が多く不安

転職回数が多い人材を「一つの職場で長続きしない人」とネガティブな印象を持つ企業があるのは事実ですが、「さまざまな企業から有力な人材として認められた人」と考える企業も存在します。

転職回数の多さは必ずしも自分の職歴のマイナスにはならないのです。そのため、転職回数について不安を感じる必要はないでしょう。

離職が短いスパンであるため不安

転職先選びに失敗してしまった方は、短期間で再度転職活動をすることが自分の職歴にマイナスな影響を与えるのではないかと不安になるものです。

しかし、再度転職活動をする理由・退職の理由を明確に説明出来るのであれば、何年も不満を抱えて働き続けるよりも良いでしょう。

転職失敗した時にやっておくこと

転職失敗で人生が終わったと考える必要はありません。しかし、失敗時に実行するべき取り組みはあります。転職失敗も経験として自分の人生に役立ててください。

再就職までに失業保険を受ける

失業保険は給与から天引きされているため分かりにくいものの、毎月自分が支払ってきた雇用保険を受け取る公的保険制度です。

離職してから転職活動を進めたい・離職しなければ転職活動が出来ない状態の人は、必ず失業保険の申請をしてから転職活動を行いましょう。失業保険は自分で申請しない限り受け取ることが出来ません。

自己都合の退職の場合、失業保険を受け取れるようになるまでに2ヶ月程度の給付制限期間がありますが、転職活動が長引いた時に金銭的なサポートが受けられます。

失敗を繰り返さないために原因を分析する

転職失敗した時には、その原因は何かを考えて同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

面接時に問題はなかったか?提出した応募書類に問題はなかったか?など自分の行動・発言を振り返って原因を分析してください。

転職の希望条件に優先順位をつけておく

誰もが転職先には現職よりも良い条件を提示したくなるものですが、高望みをし過ぎると転職活動が難航します。

自分が今不満に感じていることや自分の将来を考えた上で、転職先に求める希望条件に優先順位をつけましょう。

検討するべき要件は、給与・仕事内容・勤務地・福利厚生・将来の可能性・職場の雰囲気などです。

「とにかく給与を上げたい」「仕事にやりがいが欲しい」「通勤を楽にしたい」など、自分の希望の順位を明確にしてください。

転職エージェントを利用してみる

転職エージェントは転職のプロであり、数多くの経験から転職に関するノウハウを所持しています。

そのため面接対策や企業分析などのサポートの他にも、応募者が本当に転職先に求めている条件などについての分析も行ってくれるでしょう。

面接失敗が続いている場合には、自分で気がつくことが出来ていない問題の箇所がある可能性も考えられます。そのような時こそ転職エージェントを活用してみてください。

転職失敗を成功へのステップに変える方法

どん底のような気分を味わう転職失敗を成功の踏み台と考えてステップアップするためには、次のような取り組みが必要です。

転職失敗は将来成功のためのステップと考える

転職失敗の事実を知った瞬間には辛い感情が優勢になりますが、冷静に考えれば失敗は成功の足掛かりになります。

例えば、内定をもらえなかった企業よりもずっと自分に適した企業に出会える可能性もあるでしょう。

これからの方向性を考えてみる

転職で最も避けるべきは「焦る」ことです。焦りは自分の行動だけでなく決断も誤らせます。

転職失敗時には一度足を止めてみて、自分がやりたいこと・なぜ転職をするのか・何が不満なのかなどの感情を見直してみましょう。

じっくりと自分に向き合えば、転職失敗の要因が明らかになる可能性もあります。

自己分析や企業分析をする

転職失敗の原因が自己分析不足・企業分析不足であることも多いです。具体的には、自分がやりたいと思う仕事を無意識に限定していた・自分に適していない企業ばかりに応募していたなどが代表的な分析不足の失敗例だと言えるでしょう。

自己分析・企業分析が苦手だと感じるのなら、転職エージェントの活用してみることもおすすめです。

まとめ

転職失敗は人生の終わりでもどん底でもありません。転職失敗に落胆せず、より良い転職先を見つける努力を続けましょう。

終身雇用の時代が終わった今では、転職回数や転職期間を理由として転職を諦める必要はないのです。

ただし、あまりに転職失敗が続くのであれば、自己分析や企業分析をやり直すべきです。転職エージェントに相談して転職のプロの意見を聞きましょう。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!