転職失敗して後悔している人は多い?立ち直れない時の対処法などを紹介!

転職活動は必ず成功するとは限りません。残念ながら転職先で辛い思いをして再度転職をする方も多いです。

特に、自分のスキルアップではなく前職で何らかの問題があり、ネガティブな理由で仕事を変えた方が転職に失敗すると、2度の失敗が続いたように感じて落ち込んでしまう場合もあるでしょう。

今回の記事では転職に失敗または後悔する理由の例と、転職失敗のせいで立ち直れないと考えている方に向けた対処法をまとめました。

転職に失敗したと感じているのなら、ぜひ参考にしてください。

転職失敗して後悔している人は多い

転職に失敗して転職自体を後悔する方は少なくありません。そのため、人生が終わったような感覚に陥り「前職を辞めなければ良かった」と悔やんでいるのは自分だけではないのです。

実際に自分が体験しなければ分からないことは多いです。

例えば、職場の雰囲気・具体的な業務内容・人間関係の確執やトラブルなどの転職先の環境だけでなく、実際に転職先で業務を担当してみて「自分にはやりがいを感じられなかった」「自分にはストレスを感じる業界だった」など自分の適正が明らかになる場合もあるでしょう。

転職失敗は決して珍しい話ではない事実を知っておいてください。

転職失敗して後悔した理由

転職に失敗したと感じる理由には、次のようなものがあります。多くの人が見過ごしやすいポイントを理解しておけば、転職失敗のリスクを低く出来るでしょう。

ここでは転職に後悔する方の理由についてまとめました。

組織の風土や文化が合わない

求人情報や面接時の車内の雰囲気で組織の風土や文化を完全に感じ取ることは不可能です。

業務内容が自分の適正だとしていても、プライベートを大切にしたいと考えているのに社内イベントが多すぎる・社内SNSを休日もチェックしなければいけない雰囲気があるような状態では、心が休まらないでしょう。

また逆に、チームワークを重要視し、チームプレイを好む方がオンとオフが明確に区切られている組織に入社すると、孤独だと感じてしまう可能性もあります。

自分はどのような風土や文化の組織が合っているのかを事前に考えた上で、応募先の環境・雰囲気を確認してください。

給与が低い

給与面の待遇は入社前に確認可能な点ですが、なかなか転職先が決まらずに希望よりも低い給与で妥協してしまった場合には、入社後に不満が募る可能性があります。

給与に対して業務量が多い・責任が重いと感じるようになると、仕事に対するモチベーションも下がりやすいでしょう。

よほど給与以外のやりがいが見つけられる会社でなければ、転職活動に難航しても給与は譲れない条件として残すべきです。

上司との人間関係

人間関係は入社前に推測しにくい代表的なポイントです。面接官に良い印象を持って入社をしても、大半の場合は面接官は直属の上司になりません。

自分の上司と相性が悪く人間関係にストレスを抱える状態は、非常に辛い状態だと言えるでしょう。

さらに上司から嫌われてしまった場合は自分の評価が上がりにくくなり、仕事に対するモチベーションに悪影響を与えます。

転職失敗して立ち直れない時の対処法

転職に失敗すると、大半の方は落ち込んでしまいなかなか前進できないものです。しかし、辛い環境で何年も我慢する状態は避けるべきでしょう。

転職失敗は誰にでも起こり得る問題だと理解し、次の行動に移せるようにしてください。

ここでは、転職に失敗して立ち直れないと感じている時の対処法をまとめました。

これからプラスになる選択肢のことを考える

転職先でうまくいかない状態は客観的に見て「転職に失敗した」と言えるでしょう。

しかし、過去ではなく未来を考えるようにすれば、この失敗が何らかのプラスになって役立てるはずです。

例えば選択した業界や職種が合わなかったなら別の業界・職種に転職すれば良く、人間関係で失敗してしまった方は次の職場での教訓になると考えてください。

どのようなマイナスの問題にも何かしら得るものがあり、自分の成長を促せます。

ずっと後悔する状態を続ける・さらに後悔を強めるのではなく、自分の未来のために出来ることは何か考えてみましょう。

転職エージェントに相談する

転職エージェントは転職のプロフェッショナルであり、数えきれないほどの転職者と企業をみています。

転職に関するノウハウを豊富に所持しているため、今ある問題や不安にも適切なアドバイスがもられるでしょう。

自分で闇雲に転職先を探すよりも、適した自己分析や企業研究を実施して理想の企業への転職を実現出来る可能性が高くなります。

さらに、面接指導や応募書類の添削もお願い出来ることから、希望する企業の採用が得られる確率も向上します。

フリーランスなどの働き方へ変えてみる

転職の失敗を繰り返して不安を感じている方は、フリーランスとして一人で生計を立てるという手段もあります。

自分が所属してきた・所属している企業が自分に適していないのではなく、そもそも会社員の働き方が自分に合わない可能性も考えられるのです。

フリーランスになれば、自分で自由にスケジュールが調整可能で面倒な人間関係に頭を抱える必要もなくなります。

自分が得意とすること・自分のスキルを洗い出し、どのような仕事で稼いでいこうかを考えてみてください。

まとめ

転職を後悔しても時間を巻き戻すことは出来ません。さらに一度転職を決めた企業に運良く戻れた場合も時間が経過すれば、やがて再度同じ不満を感じてしまうでしょう。

転職先が自分に合わなかった・想像と違ったと考えているのなら、再度転職活動を行って自分に適した職場を見つけてください。

転職活動がうまくいかない方は、転職エージェントの活用やフリーランスとしての活動もおすすめします。自分に適した働き方や転職先を見つけて、充実した日々が送れるようにしましょう。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!