【例文あり】面接で「キャリアアッププラン」を質問された際の答え方を紹介!

キャリアプランは自分の将来を考える重要な取り組みであり、キャリアプランは自分の道標になると言えるでしょう。

そのため、面接の場でキャリアプランについて質問される機会もあります。面接前に自分のキャリアプランが明確になっていなければ、面接の場で落ち着いた対応が出来ません。

今回の記事では、面接官が応募者のキャリアプランを確認する理由と、面接官からキャリアプランについて聞かれた時の例文を紹介します。

「キャリアプラン」とは

キャリアプランとは文字通り、キャリアを重ねていくための行動計画を指しています。

明確なキャリアプランがなければ、自分は何を目指してどのように仕事をしていくべきなのかが分かりません。キャリアプランの有無は仕事に対するモチベーションにもつながります。

キャリアプランが自分で見つからないという方は、自分は将来どんな仕事をしたいのか?そのためには今からどのような経験を積み重ねていくべきか?考えてみてください。

目標から逆算して、何歳までに何をする・何歳までには何のスキルを身につけるなどの中間目標や指標が定まっていきます。

面接官が「キャリアプラン」を質問する理由

キャリアプランは自分の将来のために重要なものですが、面接官はなぜ応募者のキャリアプランを尋ねてくるのでしょうか?

面接官が応募者のキャリアプランを確認する理由には、以下のようなものがあります。

自分自身と正しく向き合えているかを知るため

キャリアプランがない人間は、自分に何が適しているのか・自分が得意とすることは何かなどの自己理解が深められていない可能性が考えられます。

自己理解が不足した人材は自分に適した業務や職業が理解できておらず、採用後にすぐ退職する恐れがあるでしょう。

採用活動には多くのコストがかかっていることから、企業は早期退職の可能性がある人材を採用しようとは思いません。

目標へ向けての計画性を確認するため

どのような職種にも計画性は欠かせません。自分で目標を設定して目標達成に必要な事柄の計画を立てられる人材は、計画性があると言えるでしょう。

業務でも適切な判断と行動が出来ると考えられます。

希望と自社がマッチするのかを確認するため

応募者のキャリアプランと自社の事業や自社が募集している人材の業務内容にミスマッチがあると、採用後短期間で採用者が退職するリスクがあります。

応募者が考えているキャリアプランが自社で実現可能かどうかを面接で確認しておけば、そのような問題を防げるでしょう。

「キャリアプラン」回答のOK例

ここでは、実際に面接官に自分のキャリアプランを説明する際に活用可能なキャリアプランの回答例を紹介します。

キャリアプランの説明方法に悩んでいるのなら、ぜひ参考にしてください。

職種別

まずは職種別にキャリアプランの例文をまとめました。自分が応募する職種の例文を確認しましょう。

営業

「これまで培った顧客対応のスキルを活かしながら経験を積み、顧客からより信頼される営業マンになりたいと考えています。将来的には、社内で1番の売り上げ実績が残せるようなトップ営業マンを目指します。」

エンジニア

「前職で培った知識と経験を活用し、10年以内にフルスタックエンジニアになりたいと考えています。目標を達成するために、現在は〇〇や〇〇を独学で学んでいます。」

事務職

「私はこれまで経理として10年勤めました。自分の丁寧な仕事には自信を持っています。さらに専門的な知識を深めたいと考えており、現在は日商簿記2級取得に向けて学びを続けています。」

製造

「私は正確かつ安全に業務を進めるだけでなく、最新の製造技術や業務効率化にも積極的に取り組もうと考えています。いずれは品質管理や生産計画のスキルを向上させて生産性の向上に貢献出来る人材になりたいです。」

デザイナー

「私は意義のある作品を生み出せるデザイナーを目指しており、常に最新のトレンドとテクノロジーに関心を持っています。また、クライアントのニーズを形にできるようにコミュニケーションスキルの向上を目標として、さまざまなデザインのイベントに積極的に参加しています。」

ステージ別

経験が浅い若い年代と経験豊富な年代ではキャリアプランの内容も変化します。ここでは年代別のキャリアプランの例を説明しましょう。

業務経験が豊富な年代または管理職には、より具体的で明確なキャリアプランが求められます。

20代前半、第二新卒

「私はまだ明確なキャリアプランが決まっていないのですが、20代のうちに可能な限り貪欲にスキル・知識・経験を積みたいと考えています。先輩方を見習いながら、お客様に寄り添える営業マンになりたいです。」

20代後半~30代

「私はこれからさらに営業経験を積み、顧客のニーズを具体化できる営業マンになりたいです。30代までにリーダー職としてチームを管理しながら全体の売り上げを伸ばせる人材を目指します。」

管理職

「前職で培ったスキルを活用し経験とスキルを培いながら、5年以内に課長を目指したいと考えています。現在社会的に求められている業務効率化に取り組み、より生産性の高いチームを育てたいです。」

「キャリアプラン」回答のNG例

面接で自分のキャリアプランとして適さない回答の例を紹介します。

私生活に関する夢

結婚がしたい・子供が欲しい・家を建てたいなど私生活に関する夢はキャリアプランではありません。その目標のために何かに取り組んでいるとしても、別の説明を考えた方が良いでしょう。

志望動機と繋がりがない

応募先を希望した目的が「自分の営業スキルを活かして御社の商材を世界に広めたい」であるのに対して「自分のキャリアプランは顧客を満足させる商材を開発することです」のような一貫性のないキャリアプランを立ててはいけません。

志望動機とキャリアプランは同じ目標を目指すものにしてください。

その会社で実現できない

応募先で実現不可能なキャリアプランを持つ人材は採用対象から外れる可能性があり、運良く採用に至っても自分の希望が叶えられません。

仕事に対するモチベーションを高く保つためにも応募先ごとにキャリアプランを考えるのではなく、自分のキャリアプランをよく考えながら応募先を選定しましょう。

「ない」と回答

キャリアプランが思いつかない場合でも「キャリアプランはないです」という答えは避けましょう。将来計画の立てられない人材は面接官に「計画性が不足している」という印象を与える可能性があります。

現段階でキャリアプランを考えつかない方は、自分が将来何をしたいと考えているのかよく検討してください。

「キャリアプラン」を答える際のポイント

キャリアプランについて面接時に説明する際には、次のポイントを理解しておきましょう。

その会社の未来を予測する

会社説明会やOB訪問で応募先の情報を収集し、応募先を十分に研究しておきます。応募先の企業が将来的に目指している未来の中で、自分がどのように活躍したいかをまとめましょう。

目標に向け、今何をしているのかを言語化する

企業が魅力を感じる人材は、自分で目標を立てるだけでなく目標達成に向けて行動できる人間です。

目標を達成するために必要な知識やスキルの習得に対して、現在どのような取り組みを実施しているか説明してください。

志望動機に繋げる

自分のキャリアプランを実現するために応募先でどのような経験を積む必要があるのか説明します。

キャリアプランと志望動機がマッチしていれば、面接官は「なぜ応募者が自社を応募したのか」を把握出来ます。

数字を使い客観性を高める

ビジネスの場では、曖昧な表現ではなく数字を使用した表現が好まれます。

キャリアプランでは、何年後までに何をするという具体的な数値設定をして客観性を高めましょう。

まとめ

面接官は自社にマッチした人材であるかを確認するために応募者のキャリアプランを確認します。面接の場では、落ち着いてキャリアプランの説明ができるように十分な準備を整えましょう。

キャリアプランは、内容が明確であり志望動機と一致していて応募先で実現可能であることが重要です。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!