転職の際に使う履歴書はどこに売ってる?種類や選び方等も解説

「スキルや職歴のスペースが広い転職用の履歴書はどこで買ったらいいの?」
転職活動を前にして、このような疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

転職活動に使いやすい履歴書は、コンビニや書店をはじめとして色々なところで販売されていますので、入手するのに困ることはないでしょう。

本記事では、転職用履歴書の入手方法や履歴書の種類、選び方などについて詳しく説明しています。

転職用履歴書の選び方に迷っている人は、ぜひ本記事の内容をご確認ください。

【目的別】履歴書はどこに売ってる?

転職用の履歴書は案外身近なところで販売されています。
ケース別の購入方法について、詳細を解説します。

  • すぐに購入したい場合
  • 安く購入したい場合
  • 豊富な種類から選びたい場合
  • 履歴書をパソコンで作成する場合

すぐに購入したい場合

履歴書を販売しているもっとも身近な場所はコンビニです。その他、スーパーやホームセンター、百均でも販売しています。

履歴書をすぐに購入したい場合は、多くの人の身近にあるコンビニが適しているのではないでしょうか。コンビニで販売されている履歴書は、書店や文具店で販売されている履歴書と同じです。転職活動や就職活動での利用において、何ら問題はないといえるでしょう。
スーパーやホームセンターの場合、文具や本・雑誌コーナーで販売されているケースが多いようです。

安く購入したい場合

数多く応募する予定なので、できる限り履歴書費用を安く抑えたいという人は、百均で販売されている履歴書がおすすめです。一般的な履歴書セットは300円〜500円程度で売られていますので、それらと比較すると、かなり安く手に入れることができます。

百均の履歴書だからといって、就職・転職活動の応募に使えないということはありません。用途に適した履歴書があれば、利用してみてはいかがでしょうか。

豊富な種類から選びたい場合

数ある履歴書の中から自分に最適なフォーマットを選びたい場合は、大型書店や文具店で探してみましょう。コンビニや百均よりも、数多くの種類の履歴書が販売されています。

履歴書の他に、封筒や文具なども充実しているため、応募に必要な物をまとめて揃えることができます。

店舗へ立ち寄る時間がない人には、アマゾンや楽天などのネット通販が便利です。品揃えは書店や文具店に勝るとも劣りません。ただし、到着までに少々時間がかかるため、急ぎの場合は店舗で購入した方が良いでしょう。

履歴書を無料で手に入れたい場合

WEBサイトからダウンロードした無料テンプレートを使うのも良い方法です。プリントアウトにコンビニのマルチコピー機を使ったとしても、1枚あたり10円程度の費用で済みます。

用紙をダウンロードして手書きで履歴書を作成するのも良いですが、パソコンで作成した履歴書をプリントアウトすることもできます。
コンビニのマルチコピー機で印刷するときは、テンプレートのPDFデータを、USBメモリやSDカードに入れておくことを忘れないようにしましょう。

【転職者向け】履歴書の種類

転職者向けの履歴書には、どのような種類があるのでしょうか。
一般的に転職向けとされるフォーマットを紹介します。

  • 厚生労働省様式例の履歴書
  • 一般用の履歴書
  •  転職用の履歴書

厚生労働省様式例の履歴書

長らく主流とされてきたJIS規格の履歴書は現在削除されています。かわって登場したのは、厚生労働省様式例です。
今までのJIS規格に比べると、「性別欄」が任意記載に変更され、「通勤時間」「扶養家族数」「配偶者の有無」「配偶者の扶養義務」の欄が削除されました。

学歴や職歴の記入欄が多く志望動機と特技、好きな学科、アピールポイントの欄が一つにまとめられている点は変わりません。今後はJIS規格にかわって、厚生労働省様式が広く一般に流通するようになります。転職者向けにも使いやすいフォーマットになっていますので、選んでも間違いはないでしょう。

一般用の履歴書

一般用の履歴書は、転職者だけでなくパートやバイトの応募にも対応できるように汎用性が高い項目が設けられています。
自己PR欄が広く取られており、学歴や職歴欄が狭く作られているものが多いため、実務経験などのアピールよりも自己PRで差別化したい人に向いています。

転職用の履歴書

転職者用の履歴書は、職務経歴書とセットで販売されているケースが多いです。また、職歴欄が広く取られています。今までの職務経歴の流れが一目でわかる仕様となっており、転職を重ねた求職者にも使いやすいフォーマットです。

転職用の履歴書であれば、使いやすさの点から選んでも間違い無いでしょう。

転職時の履歴書を選ぶ際のポイント

転職活動時に数多くの履歴書の中から、自分にぴったりの履歴書を選ぶ場合、何を基準とすれば良いのでしょうか。
転職時の履歴書を選ぶポイントを4点、紹介します。

  • ポイント①:応募先企業の指定に沿う
  • ポイント②:サイズは「A4」が一般的
  • ポイント③:アピールしたい項目欄が広いかどうか
  • ポイント④:職務経歴書等がセットになっているかどうか

ポイント①:応募先企業の指定に沿う

応募先企業から履歴書サイズの指定がある場合は、必ず従いましょう。指定しているにもかかわらず、従わなければ書類審査を前にしてNGとなってしまいます。
決まりごとを守るのは、基本的なビジネススキルの一つであり、守れなければ不採用となっても致し方ありません。

実際にはフォーマットの指定がない企業が多いですが、中にはインターネットでダウンロードして利用する独自のフォーマットを指定する会社もあります。
指示内容はしっかり把握するようにしましょう。

ポイント②:サイズは「A4」が一般的

履歴書のサイズは、A3が2つ折りになったA4サイズと、B4が2つ折りになったB5サイズの2種類があります。
指定がない限りはどちらのサイズを利用しても問題ありませんが、就職や転職用の履歴書には、記入スペースが広いA4を使うのが一般的です。

封筒への入れやすさの観点からもA4サイズが好まれます。サイズの大きなA4を使っても余白ばかり目立ってしまうと見栄えが悪くなりますので、記入事項が少ない人は、B5を使った方が良いケースもあります。

ポイント③:アピールしたい項目欄が広いかどうか

自分がアピールしたい項目がしっかり確保されているか、よく確認しましょう。アピールしたい資格がいくつかあるのに、欄が狭いため全て書ききれなかったとなるともったいないです。
職歴が多いのに、職歴欄が少ない履歴書を使うと見栄えが悪くなり、悪い心象を与えてしまいます。
企業が求めるスキルや経験をどう伝えるかは、求職者の書類作成スキルが問われるところです。

ポイント④:職務経歴書等がセットになっているかどうか

市販の転職者用履歴書には、職務経歴書がセットになって販売されているものがあります。セット販売されている職務経歴書の多くは、時系列で職務経歴を記載する編年体です。

職務経歴書の作成は書式自由とされている場合が多く、フォーマットも自由です。
自分がアピールしたい経歴にマッチする職務経歴書の書式を採用するようにしましょう。

職務経歴書とのセット販売は履歴書選びのポイントですが、必ずしも、セット販売されている職務経歴書のフォーマットがベストなわけではありません。

関連記事:【転職用】履歴書のサイズは?選び方は?徹底解説

履歴書と一緒に購入するのにおすすめのアイテム

基本的に履歴書は黒のボールペンがあれば作成できますが、あると便利なアイテムもあります。
履歴書を購入するときに、合わせて購入しておくと便利なアイテムを4点、紹介します。

  • 封筒
  • クリアファイル
  • 履歴書用のボールペン
  • 封筒用のボールペンと定規

封筒

履歴書は郵送、持参にかかわらず必要です。作成した履歴書を折り曲げてしまわないよう、サイズはA4サイズに準拠した角形2号を使いましょう。

色は白がベストです。茶色でも構いませんが、他の事務書類も茶色の封筒で送られてくることがあるため、混同を避けるために白封筒を使います。
郵送の場合は、宛先と宛名に合わせて左下へ朱書きで履歴書在中と記しましょう。

クリアファイル

企業に提出する際は、履歴書をクリアファイルに入れた上で、封筒に入れます。作成した履歴書に折り目がつかないための対策です。

ただし、応募数が多い企業では「クリアファイルに入れないでください」と指定場合もあります。それは、企業が大量のクリアファイルの処理に困ってしまうためです。
クリアファイルを使うことについては賛否両論ありますが、現時点ではクリアファイルを使った方が良いでしょう。

履歴書用のボールペン

履歴書作成に使うボールペンは黒の油性が最適です。水性ボールペンを使ってしまうと、思わぬところで滲んでしまい、書き直しとなってしまう可能性があります。書類の完成度を考えても、水性ボールペンが適しているとは言い難いため、油性ボールペンを使うようにしましょう。

間違い対策として消せるボールペンを使いたい人もいるかもしれませんが、消せるボールペンは使わないようにしましょう。

消せるボールペンで履歴書を作成すると、改ざん可能な書類が出来上がってしまうためです。公的書類とは言えなくなってしまいますので、気をつけましょう。

関連記事:【履歴書】強調する部分のペンの太さを変えるのはあり?

封筒用のボールペンと定規

履歴書を郵送する場合、左下に履歴書在中と朱書きします。したがって、赤いボールペンと文字を囲む線を引くための定規が必要です。
油性の赤ボールペンや定規がない人は揃えておきましょう。

関連記事:履歴書の封筒のきれいな書き方とは?封筒にまつわるビジネスマナーも紹介

まとめ

転職者向けの履歴書はコンビニや書店を中心として、あらゆるところで入手できます。最近ではオンラインで無料のフォーマットが提供されていますので、ダウンロードして使えば割安で済みます。

いくつかの種類がありますが、迷うようであれば転職用が良いでしょう。
応募先企業に自身を十分にアピールするには、自分の用途に合うフォーマットを選ぶことが肝心です。

 

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!