web面接に向けて準備が必要なモノ・コト、全部解説します

初めてweb面接を受けるという場合は、多くの不安を抱えてしまうものです。web面接は対面の面接と違った準備やマナーが存在するため、何から手をつけて良いのか分からなくなってしまう場合もあるでしょう。

今回の記事では、web面接に向けての準備とweb面接の流れ・マナーについてまとめました。web面接に必要な知識をすぐに手に入れたいと考えているのなら、ぜひ参考にしてください。

web面接に向けて準備が必要なモノ・コト

web面接を受ける前に準備するべきモノ・コトについて紹介しましょう。これらの準備を怠ると、当日に問題が発生してweb面接に集中出来なくなってしまう恐れがあります。

1 web面接に必要な機器の準備

web面接を受けるためには、カメラ機能の備わったパソコン・スマホを用意する必要があります。多くの方はパソコンでweb面接を受けますが、スマホで面接を受けることも可能です。

さらにマイク付きのイヤホンを用意すると、面接官の声が聞き取りやすくなるだけでなく、自分の声も伝わりやすくなるでしょう。

また、可能であればライトを使って適切な位置から顔を照らし、健康的で明るい印象を与えられるような環境を整えると良いです。

web面接では、画面に映る姿が応募者のイメージとして面接官に残ります。顔に影がかかって薄暗かったり、声が聞き取りにくかったりするなどの準備不足によって、面接の内容とは別の部分で悪い印象を持たれる可能性があるのです。

2 web面接を受ける場所を決める

web面接は自宅以外でも受けることが可能ですが、集中して話がしたいという考えから多くの方は自宅での面接を選択するでしょう。しかし、散らかった部屋が映り込むような状況での面接は避けるべきです。

自宅の中で背景に白い壁が来る位置を探し、web面接スペースを作りましょう。ポスターなどの装飾も外しておきます。

必要であれば、テレワーク用の簡易背景を用意するという手段もあるでしょう。背景が整えられているだけで、相手に与える印象が変わります。

web面接の場所や背景については、こちらの記事で詳しく解説しています。
「web面接の場所と背景|自宅以外で受ける場合・白い壁がない場合も解説」

3 インターネット接続を含む動作確認

安定したネット環境が整えられていない場所では、web面接をするべきではありません。必要であればネット環境を見直し、安心してweb面接が受けられるようにしてください。

また、web面接で使用する機器は全て、事前に動作確認をしておきます。普段から使い慣れている機器であっても、数日前と当日朝に動作確認をして問題がないかを確認しましょう。

面接で使用するツールは事前に周知されるため、インストールして使用方法を理解してください。

4 履歴書・職務経歴書の準備と発送

web面接前に履歴書や職務経歴書の発送を指示された場合は、期限内に書類を企業に送ります。

web面接中に履歴書・職務経歴書に対する質問を受けた時にもスムーズに返答が可能なように、手元に履歴書・職務経歴書のコピーを用意しておいてください。

ただし、ずっと書類を見ながら話すようなことをしてはいけません。

5 自己紹介の内容を考える

web面接では、アイスブレイク的な役割として面接開始時に自己紹介を求められることが多いです。

自己紹介の内容はシンプルで簡潔なもので構いません。明るくハキハキとした印象を受けてもらえるように、笑顔で自己紹介が行える練習をしておきましょう。

自己紹介のまとめ方については、こちらの記事で詳しく解説しています。
「【転職者向け】web面接の自己紹介のまとめ方|実績やアピールポイントの選び方も解説」

6 カンペの準備

web面接では対面の面接と違ってカンペを使用出来ますが、面接官に「カンペを読んでいる」と思われるのは印象が良くありません。カンペには短い文章のみを記載して、カンペだけを見て話をしないようにしてください、

カンペをカメラの周辺に貼ると、視線の動きの違和感がカバーしやすくなります。

また、受け答えに使う内容をカンペに書くのも良いですが「明るい笑顔で」「ハキハキと話す」「早口にならない」「姿勢を正す」など、意識するべき改善点を目につくようにしておくのもおすすめです。

web面接でカンペを使う場合は、こちらの記事もご覧ください。
「web面接でカンペを上手に使うには|バレずに使う位置と書き方を解説」

7 対面の面接と同じ身だしなみマナーを守る

web面接は「上半身しか映らないから」という理由で、スーツの上だけを着用するなど、身だしなみのマナーを守らずに面接に挑む方もいます。

しかし、何らかの弾みで全身が映り込んでしまう可能性は否定出来ず、自分自身の気持ちも引き締まらないでしょう。

web面接だからと言って服装や髪型の準備に手を抜かず、清潔感のある印象の身だしなみを整えてください。

また、画面の写りや光の加減によって、髪色が元の色より明るく見えてしまったり、化粧が薄くすっぴんのように見えてしまったりすることもあるため、鏡だけでなくweb面接で使用するデバイスの画面でも身だしなみを確認しておきます。

web面接の服装など身だしなみについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
「web面接の服装・髪型・メイク・マスクの注意点を解説|よくある疑問も解決」

web面接の流れとマナー

ここからは、web面接の流れに沿って、守るべきマナーを説明しましょう。

入室のマナー

面接官を待たせることのないように、web面接開始時間の5分前には入室しておきましょう。面接官が入室したら、自分から挨拶をしてください。

挨拶の際には席から立ち上がる必要はありません。

面接中のマナー

面接中には相手に伝わりやすい話し方を意識し、カメラを見て相手の様子を確認しながら話を進めます。

また、web面接開始前には通知音が鳴るような機器の電源を落とすか、通知をオフにしておきましょう。

トラブル発生時のマナー

対面の面接と違いweb面接では、通信トラブル・機器トラブルなどの問題が発生する恐れがあります。

事前に面接官の電話番号などを確認しておき、万が一web面接が中断してしまった時にも、冷静な対応が取れるようにしておきましょう。トラブル発生時の対応は、採用可否に関わります。

退室時のマナー

web面接終了時は、面接官が退出するのを待ってから退出します。しかし、面接官が自分の退出を待っている場合は「失礼いたします」の一言を添えた上で退出すればいいでしょう。

まとめ

web面接を受ける時に、知っておくべきマナーや必要な準備について説明しました。手に入れたチャンスを無駄にしないためには、しっかりとした事前準備が必要だと言えるでしょう。

当日慌てることのないように、万全の体制でweb面接を受けられるようにしてください。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!