履歴書とエントリーシートの違いとは?【用途・書く際の注意点を解説】

就職活動をはじめると、
「エントリーシートって、履歴書と何が違うの?」
「同じことを書いてもいいの?」
「エントリーシートはどこで入手するの?」
という疑問を抱く人がいるかもしれません。

エントリーシートも履歴書も、書類選考に関わる重要な書類ですので、それぞれの用途・書き方を覚えましょう。
この記事ではエントリーシートと履歴書の違いや、入手方法、書き方について解説します。

エントリーシートと履歴書の違い

エントリーシートと履歴書は、項目も書き方も全く違います。
それぞれの用途・入手方法を理解して選考を良い結果に導く書類にしましょう。

用途

企業がエントリーシートと履歴書をどのような用途で使用するのかを理解して、それに沿った書き方ができるようにしましょう。

【履歴書】
履歴書とは、今までの経歴を短くまとめ、学歴や資格をアピールする書類のことを指します。
応募者の情報を管理するための公的書類で、入社後も保管される可能性があります。

企業は、例えば以下の用途で履歴書を使用します。
・入社後のデータ管理(学歴・経歴・身元確認)
・面接を行う上での応募者の情報確認
面接の参考資料

【エントリーシート】
エントリーシートとは、企業に対する熱意・入社後のビジョンをアピールする書類のことをいいます。企業がフォーマットを指定しており、業界や会社によって質問の項目は異なります。

企業は、例えば以下の用途でエントリーシートを使用します。
・応募者の人柄を判断する
・募集職種に適切な人材かどうかを判断する
合否の判断材料

入手方法

エントリーシートと履歴書は入手方法が異なります。正しく入手して書類に不手際がないようにしましょう。

【履歴書】
まず履歴書を用意する際に、企業から指定されているかどうかを必ず確認しましょう。

基本的に就活では大学指定のものが無難です。
就活に適した項目で作られているので、面接官も見やすい書類です。企業から大学指定の履歴書を指定される場合もあります。

大学の購買で購入できるはずですが、売っていない場合は直接大学に問い合わせてみましょう。

他の場所で入手する場合は、コンビニや書店などで買うことができます。
自己PRの記入スペースが大きいA4サイズが好ましいです。

履歴書は、主に以下のお店で購入することができます。
・大学の購買で購入する
・コンビニ
・書店
・百円均一ショップ

【エントリーシート】
エントリーシートはどこかで買えるものではありません。

エントリーしたら、企業から郵送あるいは応募サイトを通してフォーマットが送られてきます。もし送られてこない場合は、企業の採用ホームページでエントリーシートが必要かどうかを確認しましょう。

企業によっては説明会に参加して直接受け取らなければならない場合もあります。
エントリーシートは企業が独自に作成し、配布するものなので応募する企業ごとに入手しましょう。

エントリーシートは、主に以下から入手することができます。
・エントリーした就活サイト
・企業の採用ホームページ
・説明会

エントリーシートと履歴書の違い まとめ

【履歴書】

・公的書類
・学歴・経歴のアピール
・面接の参考資料
・大学指定のもの・コンビニ・書店で入手できる

【エントリーシート】

・企業独自のもの
・人柄・熱意のアピール
・選考資料
・企業から応募した後に送られてくる

書く際のポイント

履歴書とエントリーシートの違いが理解できたら、書き方は同じ質問内容でも変えたほうがよいことが分かります。
では、どのように書けばよいのでしょうか。それぞれ解説します。

履歴書

面接官は、履歴書をデータの管理や職歴・スキルのチェックのために使用します。ですので、履歴書は読みやすく・簡潔に書くことが求められます。

書く際のポイントを以下にまとめます。

経歴などは偽らない
・文量は記入欄の8割以上埋めるように書く
・修正液は使わない
・これからとる資格は「勉強中」と記載する
・本人希望記入欄に自己PRは書かない

エントリーシート

合否の判断材料として使用されるため、エントリーシートは表現を工夫して書くことが求められます。

エントリーシートは面接の際に質問の参考になる書類です。質問の意図を考えて、自分の個性をアピールしましょう。

書く際のポイントを以下にまとめます。

・ポテンシャルがあることを伝える
・結論を先に書くなどして、分かりやすい構成を意識する
・余白はないように記入する
・履歴書に書いた内容と食い違いを起こさないようにする
・具体的なエピソードを入れ込む
・企業が求める人物像であることをアピールする

よくある質問

ここからは、よくある質問に答えていきます。

企業によっては、エントリーシートの提出がなかったり、履歴書の提出が任意の場合があります。選考方法は当然企業によって違いますし、業界によっては履歴書とエントリーシートで違う証明写真を使う場合もあります。そういった細かい問題を解決します。

履歴書だけを提出する場合は?

履歴書だけの提出を求められた場合、エントリーシートは必要ないので履歴書だけを送付します。

どうしてもスキルや自分をアピールしたい場合は、履歴書に一言添えて、職務経歴書を同封するとよいでしょう。

※「職務経歴書」とは・・・職務経歴やスキルを詳細に書きアピールするもの

メールで送る場合は?

メールで送る場合は、パソコンで作成したものをPDFにして送りましょう。手書きで書いたものである必要はありません。

パソコンで作成する場合は変換ミスや文字化けに注意し、写真は証明写真を利用しましょう。

エントリーシートの写真は履歴書と同じでいい?

基本的には同じで大丈夫です。
エントリーシートは、証明写真のサイズが異なる可能性もあるので確認しましょう。

アパレル業界など企業によっては、全身写真や私服写真を求められることもありますので指定がないかどうか確認しましょう。

まとめ

今回の記事では、「履歴書とエントリーシートの違い・書く際のポイント」について解説しました。この二つは面接官一番最初に見る応募者の情報資料です。それぞれの書き方に注意して、好感を得られる書類を作成しましょう。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!