転職したいけど怖い!と感じる理由や対処法などを紹介!

今の職場に不満がある・自分の能力を別の企業で伸ばしたいと考えている・他の業種に興味があるなど、転職の動機は人によって異なります。

しかし大変の人は「転職が怖い」と感じるものです。なぜなら、今の職場よりも良い条件・希望の仕事が手に入るとは限らないだけでなく、転職者は評価される立場になるためです。

しかし、転職を怖いと感じて諦めたままでは、思うような人生を歩めません。今回の記事では転職に恐怖感がある方に向けて、その理由と対処法について説明しましょう。

転職したいけど怖いと感じるのは普通である

結論から言って、転職活動を怖いと感じるのは普通のことです。

これまでの人生で、入学・転校・新学期など学生時代にも新しい環境に挑む際には少なからず不安を感じているものです。

転職活動は学生時代の変化と違って自分が起点となります。自分の意思と決断でスタートする取り組みであるからこそ、より怖いと感じやすいでしょう。

転職したいけど怖くて行動できない人はどうなる?

転職に怖さを感じるのは当たり前のことですが、そのまま行動に移さない状態を続けると、次のようなリスクが生まれます。

ネガティブ思考になるリスク

転職を怖いと感じて断念してしまうと、自分が本来求めていた環境で働けません。

その決断を自分が下した事実が自分の評価を下げ、転職にチャレンジして希望する人生を歩む人を妬ましく思うこともあるでしょう。

常にネガティブな感情に支配されてしまうようでは、充実した日々を送れません。

一生後悔してしまうリスク

転職を諦めた方の多くは何十年も経ってから「やっぱりチャレンジしておけば良かった」「なんで諦めたのだろう」と後悔してしまうものです。

もし転職が思い通りの結果につながらなかったとしても、”やった後悔”と”やらなかった後悔”を比べれば、結果が分からない”やらなかった後悔”の方が強くなるでしょう。

転職には年齢的な制限がある職業も少なくないため、悔やんだ時にはもうタイミングを逃していたという方は多いのです。

転職したいけど怖いと感じる理由

転職が怖いと感じる代表的な理由は、以下の通りです。その感情の原因を理解し、乗り越えられるようにしましょう。

転職先が見つかるか不安のため

転職を考えた時に、多くの方は「良い転職先が見つかるのだろうか?」と不安を感じるものです。必ず良い転職先が見つかると分かっていれば、誰も転職を怖いと思わないでしょう。

転職先が見つかるかどうかに不安があるのなら、事前に自分の希望を明確にした上でインターネットなどを活用して求人をチェックしておいてください。

内定が取れないか不安のため

理想的な応募先がいくつかある事実は調べている・前から転職を希望している企業がある方でも、その企業から内定を得られるかに不安を感じます。

転職活動では、自分のスキル・経歴・人柄などの要素が他の応募者と公正に比較され、採用として結果に現れます。

自分に自信が持てない方は特に、内定に関して不安を強く感じるでしょう。少しでも不安を軽くするためには、自分のスキルを磨くことが大切です。

転職活動が長引かないか不安のため

転職活動は一般的に3ヶ月程度が期限だと考えられています。半年経過しても内定が得られない状態が続くと、”転職活動期間が長い応募者”としてマイナスの印象を応募先に与えてしまう可能性があるでしょう。

また、多くの方は生活費の面でも問題が出てきます。

転職期間に不安を感じないようにするためには、今の企業に在籍したまま転職活動を進めることをおすすめします。

新しい職場に馴染めるか不安のため

個人差はあるものの、誰もが環境の変化に多少の不安を感じるものです。条件面が良い転職先だとしても、人間関係に問題がある可能性は否定出来ないでしょう

転職の理由が人間関係のトラブルだった場合は「次の職場でも人間関係のトラブルがあるのではないか」と考えてしまうものです。

転職を繰り返してしまわないか不安のため

転職回数が多すぎる人材は、採用時にマイナス評価を受ける可能性があります。企業は採用や教育に多くの費用をかけていることから”すぐに辞めてしまう人材”の採用リスクに敏感です。

転職を繰り返さないためには、応募前に応募先企業について十分なリサーチをすることが大切です。

転職したいけど怖いと感じる際の対処法

転職を希望しているものの怖くて行動に移せないという方は、次のような対処法を試してみてください。

怖い理由を分析する

ただ漠然とした「怖い」感情を克服することは困難です。先ほど説明した「転職したいけど怖いと感じる理由」を参考に、自分が何に最も怖さを感じているのかを分析してみてください。

理由が明確になった後は、その不安を塗りつぶしていきます。

例えば「良い転職先が見つかるか不安」な方は、ある程度求人を調査した後で転職活動を始める・「転職期間が長くなってしまわないか不安」な方は、今の職場で仕事を続けながら転職活動を行えば良いでしょう。

ただし「人間関係に不安を感じる」など自分自身の努力だけでは対処しにくい不安も存在します。

思考を変えてみる

「怖い」という自分の環境をコントロールすることは難しいものですが、思考を変えて別の感情を生むという方法もあります。

例えば、転職に対して「怖さはあるけれど、自分が成長するチャンス」「不安は多いけれど、今しか出来ないチャレンジ」と考えてみてください。

思考を変化させるだけで「怖い」気持ちを、そこで留まらせずに済みます。

転職経験者に相談する

これまでのステップを試しても転職に対する怖さを強く感じる方は、転職経験者の成功事例を参考にしましょう。インターネットで転職経験者の話を探す・知り合いの転職経験者から話を聞くなどの方法で、次のような情報を得てください。

・転職前の感情
・転職によって変わったこと
・転職活動のコツ
・転職活動の理想と現実

特に転職前の感情には共感出来る部分が多いはずです。

ただし、相談相手を間違えると転職活動への恐怖感を否定される可能性もあるため、注意しましょう。

良い相談相手が見つからない方はマイナビエージェントなどに登録して、転職エージェントからプロの意見を聞くと良いです。

転職を成功させるために準備すること

転職への怖さを最小限に抑えるためには、万全の準備を済ませて転職活動を行いましょう。

ここでは、転職成功に向けて準備するべきポイントをまとめました。

焦らない

転職活動に焦りは禁物です。焦ったが故に選択を間違えると、転職を成功させても自分の期待していた環境に移れない・今よりも悪い環境で働くことになる恐れがあるでしょう。

今の職場が苦痛であり、いち早く環境を変えたいと考えているとしても、冷静に納得のいく応募先を見つけてください。

内定を得た後も、労働条件や提示された労働契約書を十分確認します。

自己分析や企業分析をする

自分が今の企業に感じている不満は何か?自分が求めているものは何か?などを明らかにしていきます。

「今の企業の収入に不満はないが、やりがいに不満を感じていた」方が、自己分析や応募先の企業分析をせずに収入に重点を置いた転職活動をしてしまうと、転職によって今ある不安を解消することは出来ないでしょう。

必要なスキルを身につける

内定がもらえるか不安で仕方がないという方は、転職活動前または転職活動と並行して自分のスキルを高めましょう。

資格を取得する・職務経歴書に記載可能な実績を今の企業で残すなどの行動によって、自信を持って応募先に自分をアピール出来るようになります。

徹底的にリサーチする

実際に企業に勤めてみなければ分からない部分もありますが、事前の調査で多くの事実が分析可能なものです。

口コミサイトで会社の雰囲気を探るなどの方法で、不安な点がないか十分な調査を進めましょう。

また、意外と見落としがちな通勤に問題はないか・会社の周辺環境なども働きやすさを左右するポイントです。

まとめ

誰もが転職を「怖い」と感じるものです。怖くて転職活動を始められないという方は、その怖さの理由を明らかにして対処法を考え、怖さが克服出来るようにしましょう。

怖いという感情に従って転職を諦めてしまうと、後悔する結果につながる恐れがあります。

しっかりとした準備をして、不安を拭いながら転職活動を進めてください。

スマホ履歴書「キャリレコ」

最新情報をチェックしよう!